アウターピル値段

アフターピルの値段

以前のアフータピルは、2回に分けて1錠づつ2回のみで副作用が多く最初の1錠を飲んだ後に吐き気を強く感じて薬を吐き出してしまうことが多かったのですが、最近のアフターピルはその点が改良されてほとんど吐き気と言う副作用がでなくなりました。

 

アフターピルは、妊娠の可能性が出てきた時に素早く服用することが重要です。

 

一般には72時間以内に飲めばいいと言われていますが、確実に避妊を確定したいのでしたら、遅くても24時間以内に服用しましょう。

 

妊娠の可能性が出てくる行為はほとんどの人が夜に、それも週末に掛かる人が多いと思います。そんな時に月曜日にお医者さんに行ってアフターピルを処方してもらっていたのでは、すでに48時間ぐらい経ってしまっています。

 

これでは、妊娠の可能性が0にはなりません。

 

アフターピルは女性が自らの体を守るために、予期せぬ妊娠から逃れられる最後の手段です。

 

 

ですので、アフターピルは事前に用意しておく事が女性にとっては大切な事になります。

 

お医者さんに行ってアフターピルを事前に処方してもらうには、病気ではありませんので保険が効きません。

 

医者にもよりますが、アフターピルの値段は結構な金額です。診察料やら処方料など余計なものが付いてきますので仕方がありません。

 

ですが、アフターピルを事前に用意するのは何となく抵抗あありますが女性として最後の砦を守るには絶対に有った方がいいと思います!

 

お友達と一緒に購入しますと更に安く購入できますので、妊娠の危険を感じる女性は事前にお守りとして購入しておきましょう。

アフターピルの効果

アフターピルは、つい数年前まではヤッペ法という方法が主流で、この薬を服用しますと半数の人に吐き気が出て、吐いてしまうため効果が悪く更にこのタイプの薬は、12時間後にされにもう1錠薬を服用しなければいけませんでしたので、避妊の確率がとても悪い状況でした。

 

その後、ノルレボと言う薬が開発されて、この薬は72時間以内に1錠飲む事で避妊効果を得る事ができ、副作用もほとんどない事から今ではこの薬が主流となっています。

 

アフターピルの効果は、早く服用すればするほど効果が強く避妊の確率がほぼ100%に達します。

 

アフターピルが避妊をするメカニズムは、体の中のホルモン状態を薬で無理矢理変化させる事で、生理を起こさせます。

 

また早い段階にこのアフターピルを服用しますと精子自体が子宮に届くのを遅らせる効果もあり、受精そのものをささない役目があります。

 

また時間が経して精子が卵子と受精した場合でも、子宮内膜に着床させない効果があり、万が一子宮内膜に受精卵が着床した場合でも子宮内膜を無理やり剥がす事で受精卵が成長できないようにして、妊娠をさせません。

 

ですので、アフターピルを服用してその後ある消退出血(生理と同じもの)が来ることで避妊が成功したことが分かります。

 

アウターピル値段

 

この出血は早い人ですと数日の内に起こりますが、遅い人でも3週間もうちに必ず起こります。

 

この間に、消退出血がない場合には、妊娠の可能性がありますので、妊娠検査薬などで、必ず確認をしてください。

 

アフターピルがあるから、安心で避妊をしないなんて事は論外ですので、その点だけは勘違いしないようにお願い致します。

 

早期の利用が有効です。・・・つづきはこちら

アフターピルの種類

アフターピルにはいろんな種類があります。

 

アフターピルは今のように、1回の服用で効果が出るようになったのは、実は最近の事なのです。

 

つい最近までは、アフターピルと言うジャンルが確立していませんでした。

 

ですので、妊娠しそうな事で困ると、中容量ピルを使用していました。

 

中容量ピルを使用している時には、2錠服用が必要で、1錠目を飲んでから更に12時間して2錠目を飲むような方法を取っていました。

 

ですが、中容量ピルは慣れない人にはとても副作用が強く、多くの人が1錠目で強い吐き気がしてしまい、せっかく服用したピルを出してしまうケースも多かったようです。

 

このような状態でしたので、避妊をするには大変な苦労がありました。

 

アフターピル値段

最近になり、このような吐き気による副作用がないアフターピルが出てきて、それも1錠服用で済みますので大変楽になっています。

 

そのようなピルが出るようになってから、アフターピルを言う言葉が定着するようになりました。

 

今でも2錠のみのアフターピルは存在しますが、最近ではアイピルなどの1錠で済むタイプの薬が人気になっています。

 

 

アイピルと同時に、同じメーカーさんが作っている妊娠検査薬アイキャン(i-can)を使用しますと、避妊ができたかを確認するのに楽ですのでおすすめします。

アフターピルの上手な使用方法

つい10年前までは、アフターピルと言う名前はありませんでした。

 

間違って妊娠の可能性があった場合には、中容量ピルを2錠服用して、その後12時間後に同じピルを2錠服用する事で妊娠を回避するような事が産婦人科では行われていました。

 

また妊娠の可能性が出てきた時にそのような回避方法を知っている女性も多くはいませんでした。

 

当時の中容量ピルを使用した避妊回避方法は副作用が強く、主な症状として現れるのが吐き気でした。

 

折角服用しても、吐いてしまったのでは全く意味がありません。そんな事もあり成功するケースはそんなに高いとは言えませんでした。

 

ところが最近になって、アフターピルとして妊娠回避の出来る専門のピルが発売され、副作用も軽減されており使用方法も1回1錠の服用で問題無くなりました。

 

アフターピル値段

 

そのようなとても女性にとっては、心強いアフターピルなのですが、このピルの存在を知っている女性はほとんどいないのが今の日本の状況です。

 

そもそもピル自体が日本では正しく認識している女性がほとんどいません。

 

ピル=避妊としか思っていない人が多く、そのようなピルは普通の女性が使用する事は無いものと言う認識です。

 

ピルは避妊以外にも多くのメリットを女性に与えてくれます。

 

アフターピルに至っては、望まない妊娠を女性の意志で止める事ができます。

 

当サイトでアウターピルに関しての知識ができた女性は、万が一に備えてアフターピルは持っていることをお勧めします。

 

もちろん使用する機会が無ければ最もいい事なのですが、友達にそのような事態が起きた時には助けてあげる事が出来るかもしれません。

 

アフターピルは使用する事が無いのは一番ですが、レイプやコンドームの不備(破れなど)で妊娠をする可能性が出る場合はあり得る事です。

 

そんな時に自分で対応できる状態を持っている事は、大切な事だと思います。

 

アフターピルの上手な使用方法は、使用しない事が一番で、万が一に備えて持っている事が重要になります。

 

アフターピルは72時間以内に服用すればいいと書いてありますが、実際には早ければ早い程避妊の確立が上がってきます。

アフターピル(緊急避妊ピル)と生理

アフターピルを服用した後で気になるのが、避妊に成功したかどうかです!

 

服用後に早い人ですと3日ぐらいで生理が来ます。平均的には1週間ぐらいで生理が来ます。服用時期によっては予定生理日に生理が来ることがあります。

 

アフターピルを服用した時期が排卵前又は排卵期ですと、一般的には予定生理日よりも早く生理が来ます。

 

ですがこの生理は消退出血といいまして、普通の生理ではなくアフターピルが起こした生理になりますので、その後普通の生理も来ますので、月に2回生理が来ることになります。

 

当然ですが、アフターピルで起こした生理は通常に生理に比べると、出血量は少なくなります。

 

アフターピル値段

 

アフターピルを排卵後に服用した場合には、予定の生理日とアフターピルで起こした生理が重なる傾向があります。

 

どの場合も共通している事は、予定生理日よりも後に消退出血が来ることはありません。必ず予定生理日よりも前か同時に生理がきます。

 

このことによって、避妊が成功したかどうかが確認できます。

 

もし予定生理日を過ぎてから、軽い出血があった場合には、妊娠による一時的な出血の可能性が高いので、すぐに妊娠検査薬を使用して確かめるか、産婦人科で検査をしてもらいましょう。

 

妊娠をして、子供を堕胎する事は女性の体に深く影響を与えるばかりか、精神にも大きなダメージを与えてしまいますので、望まない妊娠は起きないようにアフターピルの知識を持ち最悪の場合に対処できるようにしておきましょう。

アフターピルの確率

アフターピルは、中出しなど妊娠をする可能性が出てきた時に女性の判断で妊娠を回避できる最後の手段になります。

 

では、アフターピルを使用した時にどんくらいの確率で避妊ができるかが知りたいと思います。

 

そこで今回はそのことについて詳しく書いて行きます。

 

アフターピルの説明書を見ますと、72時間以内に服用して下さいと書いてあります。

 

では72時間ぴったりに服用した場合にはどのくらいの確率で避妊ができるか知りたいところです。
答えは約75%の確率になります。

 

24時間以内の服用でしたら99%ですので、やはり72時間以内でしたらかなりの確率で避妊を期待できるようです。

 

アウターピル値段

 

妊娠を目的に行為を行った場合の妊娠率のデータがありました。

 

20代で約20%で40代になりますと4%と激減してしまいます。

 

このように妊娠をする事は簡単な事ではありませんので、それをさらにアフターピルを使用して避妊をした場合には妊娠しない可能性が高くなるのもうなずけます。

 

最近の晩婚化で妊娠は実際にはかなり難しい作業である事も同時に理解をしておきましょう。

アフタピル失敗の場合

アウターピル値段

 

嘔吐してしまった

 

どんな薬でもどうしても合わないと言う人が一定の確立で存在します。

 

アフターピルで起きやすい副作用として一番に挙げられるものは嘔吐です。

 

アフターピルを服用して2時間以内に嘔吐があった場合には、かなりの確率でアフターピルが体から排出されてしまったと考えた方がいいと思います。

 

最近のアフターピルは副作用がかなり軽減されていますが、それでも吐き気を模様す人は一定の確率で存在します。

 

このケースの場合には再度アフターピルを服用しても必ず吐いてしまいますので、再度服用は止めて医者に行くことをお勧めします。

 

服用時間が遅かった

 

アフターピルは最後の失敗した性行為から早ければ早い程、避妊の確率が高くなります。

 

最近知られているトリキュラでも72時間以内の制約があります。

 

これ以上経った後にアフターピルを服用してもやはり避妊の確率はぐんと高くなってしまいます。

 

何故72時間かと言いますと、精子が子宮に入って卵子と受精をして、子宮に着床する時間がこの間で確実の行われるからです。

 

受精した卵子が子宮内膜に着床してしまいますと、どんなにアフターピルを服用しても全く効果はありません。

 

アフターピルの服用が24時間以内であっても、この時間の間に着床してしまった場合にはアフターピルの効果はやはりありません。
そんな理由で24時間以内にアフターピルを服用しても100%の避妊確率が出せないわけです。

消退出血が無い

 

通常はアフターピルを服用して、1週間以内に消退出血をと言う生理のようなものがあります。
ですが、この出血が来ないばあいには、運悪く着床の早く妊娠をしてしまった可能性がありますので、お医者さんに行くしかありません。

アフターピル値段